← 雑誌の表紙を飾るリアーナ | TOP | 彼氏のピート・ウェンツの誕生日を祝うアシュリー・シンプソン

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク パリス・ヒルトン、もう釈放?! 「健康上の問題」 で自宅拘束へ 

2007年06月08日 ()
パリス・ヒルトン、もう釈放?! 「健康上の問題」 で自宅拘束へ

日曜日の夜遅くから刑務所へ収監されていたパリス・ヒルトン(26)が、木曜日の午前2時頃に自宅へ帰宅していたことが分かった。23日間の刑期を務める予定であったが、パリスが刑務所内にいたのはわずか3日ほどだったことになる。

詳しい理由は明らかにされていないが 「健康上の問題」 ということで、パリスは監視のため足首にGPS発信機を装着され、自宅で過ごしているという。パリスの刑期はもともと45日間であったものが23日間に短縮されたので、自宅拘束は当初の刑期である45日間に準じて計算される。刑務所での記録ではパリスは5日間服役したことになっており、残りの40日間が自宅での拘束となる。

服役中のパリスは 「凍えるほど寒い」 「枕がない」 と泣きながら暮らしていたようで、毛布3枚を支給され、そのうち1枚を枕代わりにしていたという。食欲も無くなり、精神的な苦痛が原因で体に発心が出て来たとのこと。そのため精神科医によって 「配置転換が必要」 と診断され、自宅での拘留となったようだ。LA郡保安局は 「釈放ではない」 としており、パリスはこの40日の間は外出することは許されない。

↓ ビバリーヒルズにあるパリス・ヒルトンの自宅
パリス・ヒルトンの自宅

パリス・ヒルトン、もう釈放! 「健康上の問題」 で自宅拘束へ

パリスは弁護士を通して声明を発表しており、「私は(自宅で)残り40日間の刑に服します。今回のつらい試練から私は多くを学びましたし、他の人たちも私の過ちから学んだことと願います」 とコメントしている。

これを受けてパリスが釈放された数時間後に、パリスの実刑判決を下した裁判官がパリスに対して裁判所への出廷を要求しており、パリスは金曜日の朝9時に出廷しなければならなくなった。この公聴会で裁判官によって、パリスを刑務所へ戻すかどうかが決められるようだ。

(裏) 裁判所ガンバレ!
[2007.06.08(Fri) 11:57] others | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← 雑誌の表紙を飾るリアーナ | TOP | 彼氏のピート・ウェンツの誕生日を祝うアシュリー・シンプソン

広告

広告

広告

SEARCH

CALENDAR  

ARCHIVE

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。