← ハリウッドセレブ最新画像 | TOP | ハリウッドセレブ最新情報

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク パーキンソン病のマイケル・J・フォックス、出演CMが話題に 

2006年10月28日 ()
061027fox1_news.jpg

映画 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 に主演していたマイケル・J・フォックス(42)は、30歳の若さでパーキンソン病を発症し、芸能界の第一線から退いて、パーキンソン病の研究助成活動に携わっている。

このマイケルが現在行なわれている中間選挙で、民主党候補者への支持を訴えるCMに出演し、その姿が話題となっている。この候補者は難病治療につながるとして注目されているヒト胚性幹細胞の研究を支持している。



このCMの中で、全身のけいれんで左右に揺れながら話すマイケルに対し、「自分の症状を売り物にしている」 「彼は芝居をしている」 という批判の声が挙がった。

061027fox2_news.jpg

これに対して昨夜、マイケルはトーク番組に出演し、7分半のインタビューに答えている。「症状がひどく見えるよう、CMの撮影時に薬を摂取していなかったではないか?」 という疑問について、「CM内での動きは芝居ではなく、むしろ薬を過剰に摂取していたほどだ」 とマイケルは反論している。

(裏) 賛否両論。私はマイケル派だな。同じ症状で苦しむ人たちの代表として
    メディアに出て意見を主張することは、悪いことではないと思う。
[2006.10.28(Sat) 16:07] others | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← ハリウッドセレブ最新画像 | TOP | ハリウッドセレブ最新情報

広告

広告

広告

SEARCH

CALENDAR  

ARCHIVE

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。